三重大学医学部附属病院 臨床研修・キャリア支援センター

H29年度研修医勉強会✨

研修医|2017-04-11|

皆さんこんにちは、研修医2年目の間瀬と申します。
外では桜が満開ですね
さて4月ということで新研修医の先生方も先週でオリエンテーションが終わり,昨日から病棟業務始まりました(*´꒳`*)♪
昨年の今頃自分も慣れないことばかりでとても緊張していたの思い出しました。1年目の皆さん,これから色々と大変なこともあると思いますが頑張ってくださいね(^^)
 
さてさて,昨年までは無かった試みですが,今年度からは定期的に各専門領域の先生方から30分程で臨床にすぐ使えるような知識や技術を教えて頂けることになりました
早速昨日は研修医ミーティング後に放射線科専門医の先生によるミニレクチャー(造影剤や撮影法・読影のポイント等)を,本日朝は7時半から腎臓内科専門医の先生によるレクチャー『検尿を極める』を開催していただきました!
どちらも第1回目で人が集まるか不安ではありましたが28人,15人と沢山の研修医の方に参加頂きました
どちらもとても分かりやすく,すぐに臨床で活かすことができそうな内容ばかりでした。
 
今後は腹部エコーや心エコーの勉強会も企画予定で,その他感染症や内科に関しても続々と行われる予定です。
皆さんふるって参加して頂き,今後の研修に活かして頂けると良いかと思います(*´꒳`*)
 
お忙しい中講義してくださる各科専門医の先生方には本当に感謝ですね。研修医の皆さん少しでも多く吸収できるようにこれからもまた一緒に頑張りましょう♪

ページのトップへ戻る

オリエンテーションWeek!!

スタッフ|2017-04-05|

今週1週間は4月採用の職員の皆さまはオリエンテーションの週です。

実際に働き始めるにあたり、必要な事柄をこの1週間でぎゅぎゅっ!と取り合えず詰め込みます。

必要書類の作成方法や、院内の主要部署の見学に電子カルテの操作方法、2年目が1年目に手技を教えるスキルズラボオリエンテーションなどなど、盛沢山です!

しばらく迷子になるかもですが、少しずつ慣れて覚えていってくださいね(*‘∀‘)

ページのトップへ戻る

12期送り出し完了!

スタッフ|2017-04-01|

こんばんは、臨床研修・キャリア支援センターです。

本日は平成29年度最終日…12期研修医にとって本当に最終日です。

新しい病院、部署への引っ越しも済み、それぞれ本や書類でいっぱいだった机の上も綺麗に片付きました。

見晴らしの良い研修医室は、新しい門出に嬉しさ半分、送り出す寂しさ半分です。

 

 

週が明ければ14期の研修医たちが、空いた机を引き継ぐことになります。

今までの先輩と同じように、この机で病棟で、いろいろな経験をしてくれることを祈りつつ、最後の机磨きも完了!

新年度はまた新たな気持ちで迎えたいと思います(`・ω・´)

ページのトップへ戻る

研修修了証授与式

スタッフ|2017-03-22|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです。

 

本日、研修修了証授与式が行われました。

この3月31日で研修医としての期間が終わり、いよいよ専門医としての生活が開始となります。

初期研修の間、大変だったこと、楽しかったこと、色々あったと思います。

それこそ思い返せば大変だったことの方が多かったような…と思うかもしれませんが、研修期間で培ったものをこれからの糧として精進していってくださいませ。

お疲れ様でした!今後の活躍を楽しみにしていますね(*'ω'*)

 

また、関係各部署の皆さまのご協力とご尽力に、心より御礼申し上げます。

今後も温かく見守っていただければ幸いです。

ページのトップへ戻る

大北先生壮行会

スタッフ|2017-03-07|

臨床研修キャリア支援センターの指導医スタッフの大北先生が3月半ばからアメリカに海外留学されることになりました。
大北先生、2年9ヶ月ご指導頂き本当に本当にお世話になりました。
プログラム相談でのローテート相談、レポート指導、時には研修医への温かい励まし、たくさんたくさんの思い出を頂きました。
ご一緒出来なくなることが本当に寂しいですが、アメリカでの研究のご成功を心よりお祈りしております。
大北先生、帰国されたらまた臨床研修キャリア支援センターに遊びに来て下さいね!

ページのトップへ戻る

今日から3月!

スタッフ|2017-03-01|

今日から3月!

いよいよ年度末、事務室は、まもなく2年間の研修が修了となる12期、4月から新たに研修医になる14期を迎える準備に追われております。

手続きに訪れる学生も、研修医たちも、それぞれが次の進路に向けて慌ただしくしております。

…13期は、いつも通りですかね( ´∀` )

 

研修医室も入れ替わりのために片付けが少しずつ進んでいるので、この忙しさを感じると「今年も春が来たな」と思います。

どの部署もこれから忙しい時期になると思いますが、みんなで笑顔で4月を迎えられますように!

 

県外病院での研修から帰ってきた研修医からのお土産で一息いれつつ…

指導医の先生、研修医の皆さん、スタッフの皆さん、いつもありがとうございまーす!
 

ページのトップへ戻る

Facebookも是非!

スタッフ|2017-02-24|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです。

当センターの活動はFacebookでもお知らせしています!

スマホの方はこちらも是非ご覧くださいませ~

 

三重大学病院臨床研修・キャリア支援センター Facebook
→ こちらから

ページのトップへ戻る

CPC 2017年2月13日

研修医|2017-02-14|

2月13日晴れ、本日はCPC日和でした。

前澤Dr、間瀬Drからは「突然死をきたした末期腎不全の一例」が発表されました。

腎機能低下患者の透析導入のタイミングや動脈硬化リスクなどとても勉強になりました。

江口Dr、塚本Drからは「成人T細胞白血病/リンパ腫に対し同種造血幹細胞移植後長期follow中に肝不全で死亡した一例」が発表されました。

ATLに対する同種造血幹細胞移植後の長期にわたるfollowについて、様々な鑑別・治療法・論文など解説されておられました。

2組とも事前準備をしっかりして発表に臨んでおられることが伝わってきました。

自分の番にも頑張ろうと思いました。

13期研修医 宮崎

ページのトップへ戻る

そうだ,勉強しよう:ERアップデート2017 in 大阪

研修医|2017-02-05|

こんばんは,2年目研修医の池尻です。


この週末は,「ERアップデート2017 in 大阪」という催しに参加してきました。

「ERアップデート」とは,主に初期研修医を対象とした救急・総合診療セミナーのことです。
これまで,夏:沖縄(リゾートホテル!)・冬:東京(ディズニーランド!)の年2回行われてきましたが,
どういう訳か,今年の冬は大阪での開催となりました。

 

今回の会場はここ,「ホテル大阪ベイタワー」です。
51階建ての商業施設兼ホテルで,明石海峡大橋まで一望できるほか,下にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンが見えます。

 

講師陣はといいますと。
林寛之先生,箕輪良行先生,寺澤秀一先生,徳田安春先生,山中克郎先生,今明秀先生,…。
研修医なら誰しも名前を聞いたことのあろうお名前が並んでおりました。

 

大抵は今までに知っている内容でしたが,
「明日から使える!」の合言葉通り,明日から使えそうな知識や知らなかった裏ワザから,講師陣の症例に対するアプローチまで,
今回のセミナーの内容をもとに色々学んで,今後に活かしていけそうです。


朝早くから始まり昼過ぎに終わるので,それ以降は自由時間です。
というわけでユニバーサル・スタジオ・ジャパンに…。

…といきたかったのですが,土曜日ですし一人ですし,ユニバに行くのはハードルが高すぎるので,
阪神タイガースファンの聖地(?):道頓堀・法善寺周辺を散策してきました。

道頓堀・法善寺というと,藤島桓夫「月の法善寺横丁」,海原千里・万里「大阪ラプソディー」など,昭和を代表する曲の舞台になっています。
そんな昔情緒あふれる風景が,近代的なビル街・ショッピングモールと隣り合って広がっている。
多くの外国人観光客で賑わっている中,戎橋のど真ん中で物乞いをする方もいる。
美しき風景・哀しい風景…,色んな対比を経験した1時間弱の散策でした。


余談はさておき…
受講費・宿泊費・交通費など諸々で,1か月の基本給の約半分が飛んでいきました。笑
ただ,それと引き換えてもこのセミナーは一聴の価値ありです。
私からの遺言(?)。
・一人では行かず,誰かと行くように。笑
・セミナー前後には,休みを取るように。笑

 

***********

 

もう,初期研修もあと2か月(の予定)ですね。
ブログに登場するのも,次回が最後になりそうです。

…えっ、まだ書くの?…ええ、まだ書きますよ。笑
タイトルは昨年末から既に決めており,少しずつ書き始めています。

 

では,また次回…

ページのトップへ戻る

明けましておめでとうございます

スタッフ|2017-01-04|

皆さま、明けましておめでとうございます。
新しい年も、研修医ともども一層のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
実り多き年になるよう精進したいと思います。

ページのトップへ戻る

2017謹賀新年

研修医|2017-01-01|

皆さま,新年明けましておめでとうございます。

 

臨床研修・キャリア支援センターの仕事始めは1月4日ですが,
救命救急センターでの研修スケジュール上元日から勤務となった,研修医の池尻がお送り致します。

 

…とはいえ,新年早々書くネタもないので(じゃあ書くなよ,という話ですが),

勤務前に当院の11階から撮影した初日の出を載せてみる,としましょうか。

2017年,皆さまにとって幸多からんことを,心より祈念申し上げます。

 

2017年 元旦

ページのトップへ戻る

本日仕事納めです

スタッフ|2016-12-28|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです。
本日、当センターは仕事納めとなります。新年は1月4日(水)から始動いたします。
今年も一年、いろいろな病院、関係各所の皆さまにお世話になり、ありがとうございました。
来年も研修医ともども何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、仕事納めとなる本日は、当センターのイベントごとの中でも重要な「プライマリ・ケアコンテスト~Advanced ver.~」が開催される日となっております。毎年恒例なのですが、当院の研修医が集まって画像診断やBNT、R-CPCなどを行います。
Facebookで様子を先にお知らせしておりますが、このコンテストも先ほど無事に終了しました。お疲れ様でした。
最優秀個人賞とグループ賞は誰の手に!?
結果はこの後の忘年会で(*'ω'*)

ページのトップへ戻る

3回研修医CPCカンファレンス

研修医|2016-12-19|

お疲れ様です。初期研修医13期前澤貴です。

本日は研修医の先生方のCPCカンファレンスでした。

2症例発表していただきまして、

1症例目は田中智哉先生、山本優花先生による「反復流産既往のある母体における子宮内胎児死亡の1例」

(症例指導医 産婦人科 村林奈緒先生、病理指導医 病理部 古橋直樹先生)

2症例目は鳥羽修平先生、林良一先生による「肺動脈再絞扼術、動脈管ステント留置後に死亡した日齢26女児」でした。

(症例指導医 心臓血管外科 小沼武司先生、病理指導医 病理部 湯淺博登先生)

 

1症例目は産科の症例でしたね。

2回の流産の既往がある方で、今回26週で死産に至っていました。

フィブリノゲンが妊婦の割に低値であることから、血液検査にコンサルトをし、フィブリノゲンの遺伝子検査をしていました。

三重大学病院の他科同士の連携の良好さと、先生方のレベルの高さが伺える症例発表でしたね。

症例のストーリーもわかりやすく、フィブリノゲンの質的異常の考察もとてもアカデミックで勉強になりました。

 

2症例目は小児の心臓血管外科の症例でした。

22トリソミーの患児でしたね。不勉強で申し訳ないのですが、私初めて聞きました。

sandal gapってなんだろうと思っていましたが、サンダル履く時の隙間と言うそのままの名前なんですね。

数え切れなくらいの心奇形があり、血行動態を理解するのに頭が割れそうでした。

モザイク型だと予後がいいと言っていましたが、これだけ心奇形があると、あまり良くないような気がします、、、

 

2症例とも大変勉強になりました。

本当にありがとうございました。

ページのトップへ戻る

師走!

スタッフ|2016-12-16|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです!

12月に入り、年末年始に向けて皆さま忙しなく過ごされていることと思います。

仕事だけではなくプライベート(忘年会は仕事の一部??)も忙しくなってくる時期ですので、体調にはいつも以上に気を付けてお過ごしくださいませ!

 

病院の中はクリスマス飾りで華やかです。

ささやかながら、当センター内もクリスマスに飾りつけ(*'ω'*)


ページのトップへ戻る

指導医養成講習会!

スタッフ|2016-11-25|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです。

11月19日(土)、20日(日)に臨床研修指導医講習会が行われました。
今年は10月と11月の2回開催され、合計で70名の先生方にご参加いただきました。

研修医が各診療科で研修を行うにあたって必ず必要な存在が「臨床研修指導医」です。
全国各地で行われている養成講習会ですが、この講習会を受けた先生がいない診療科では、いくら研修医が希望をしても研修ができないので、毎回多くの先生にご参加いただきます。
研修で必要な内容はどんなものなのか、目標の設定、研修医とどうやって接していけばいいのか、などなど盛りだくさんな内容で2日間みっちり研修します。

ここ最近は当院で初期研修をしていた先生も受講に来ており、時の流れを感じるのですが、今までは指導される側だったのが講習会を受けて指導する側に変わった時、どういう風に思うのか、また聞かせてもらいたいとも思います^^

最後に、準備・運営をしていただきましたMMC事務局の皆さま、タスクの先生方、ありがとうございました!

ページのトップへ戻る

第4回研修医グランドカンファレンス

研修医|2016-11-16|

おつかれさまです!

研修医1年目の伊野です。

本日は第4回研修医グランドカンファレンス「肝障害の経過観察中に死産にいたった女性の一例」でした。

発表は研修医2年目の小林先生、山本先生、1年目の落合先生、橋本先生、水谷は先生、指導医は消化器・肝臓内科の山本憲彦先生です。

診断はWilson病でしたが、いやー、なかなか予測できなかったですね~。

発表後は研修医からも指導医からも質問が飛びかい、活発な議論が行われました。

私自身も国試の時に勉強したうっすらとした知識しかなかったのですごく勉強になりました。

発表者の先生方、どうもお疲れさまでした!



ページのトップへ戻る

インフルエンザワクチン接種始まりました

スタッフ|2016-11-10|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです!

さて、冬がもうそこまで来ていますね。北の方では雪も降っていますし、ここら辺も朝夕は10℃を下回る日が増えて来ています。
そんな中、体調を崩される方も多いのでは?これからは今まで以上に風邪が流行りだす季節です。
万全の体制で冬を乗り越えるべく、当院でも職員に対するインフルエンザワクチンの接種が始まりました。
患者さんと接する職員が罹っては元も子もないので、しっかり対策しましょう!



これに加えて手洗い、うがいもしっかりと!

ページのトップへ戻る

チーム医療シミュレーション報告!

スタッフ|2016-10-28|

本日は4月採用者が集まってのチーム医療シミュレーションでした。

研修医、看護師、薬剤師、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士で総勢103名の研修会となりました。

職種を混ぜて7人程度のグループを作って、ブースで待つスタッフの元へ…

用意されたシナリオに沿って急変した状態の人形を蘇生に導きます。


 

それぞれが自分が今できることを精一杯考えて、動いて、見て、学んでもらえた研修になったと思います。

午後いっぱいを使ったので、さぞ疲れたことかと思いますが、今回の経験を踏まえて今後の急変対応に生かしてもらえたらと思います。

皆さん、お疲れ様でした!

ページのトップへ戻る

【速報】2016/10/09 第2回三重メディカルラリー

研修医|2016-10-11|

おはようございます,2年目研修医の池尻です。

登場し過ぎで申し訳ありません。。

今回は,早速本題に入ります。

 

10月9日,「第2回三重メディカルラリー」という催しがありました。

 

メディカルラリーとは,医師・看護師・救命士がチームを組み,様々なシナリオ(実際の救急の現場を再現したもの)を通して救急時の対応能力を競う競技会のことです。

心肺蘇生・脳卒中・重症外傷・妊婦への対応,災害現場・事故現場における多重傷病者対応(現場指揮・トリアージ・搬送など),病院前救護・病院との連携など,シナリオの内容は多岐にわたりました。

今回の「第2回三重メディカルラリー」には,県内外から18チームが参加して開催されました。

 

三重大学病院群からは,

・「ネッケ津」:鳥羽先生・私(from三重大学病院)

・「チームお伊勢さん」:坂先生(from市立伊勢病院)

・「NABARI E.M.S Team Shin~心~」:二本松先生(from名張市立病院)

・「忍」:中西先生(from上野総合市民病院)

と,5人の研修医が参加しました。

 

…で,わがチーム「ネッケ津」はといいますと。
 


 

・医師:鳥羽先生・私

・看護師:救命救急センターの看護師さん2人

・救命士:津消防の救命士さん2人

の6人構成でした。

私は看護師Aさんに誘ってもらって参加し,鳥羽先生は私とAさんで無理矢理巻き込みました。笑

(鳥羽先生,10日はeレジフェア@福岡なんです…。参加してくれてありがとう!)

 

3か月ほど前から集まれるメンバーで集まって,少しずつ練習したり打ち合わせたりしました。

ただ,初めて全員揃ったのがラリーの前日。笑

それなりに練習してはきましたが,「足を引っ張ったらどうしよう…」などという不安は拭えずに臨んだ本番。

結果…

 

優勝しました!!!

 

大きく躓いた箇所もなく,終わってみればダントツの1位だったと聞きました。

まさか優勝できるとは思ってもみなかったので,発表されたときは本当に嬉しかったです。

 

最高のチームでプレイできて,本当に幸せでした。

私をラリーに誘ってくださったAさん,チームの皆さん,サポーターの皆さん,

お忙しい中指導してくださった救命救急センターの先生方,

練習場所としてスキルズラボを貸して下さった臨床研修・キャリア支援センター:スキルズラボ担当のFさん・Hさん,

本当にありがとうございました!!

 

また機会があれば,(どのチームかはわかりませんが)出場してみたいですね。

ページのトップへ戻る

Off the job training:資格系男子(?)

研修医|2016-09-26|

こんにちは,研修医2年目の池尻です。

残暑も和らぎ,肌寒さすら感じさせる今日この頃ですが,皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

久しぶりに,「Off the job training」の話題を。

ひと昔前,「肉食系女子」とか「草食系男子」なんて言葉が流行りましたが,

それにあやかり(?),「資格系男子」というタイトルで書いてみたいと思います。

 

先日,JATECを受講してきました。

(JATEC=Japan Advanced Trauma Evaluation and Care,外傷初期診療を扱うコース)

 

2日間のコースで,外傷患者に行う手技(輪状甲状靭帯穿刺・切開,胸腔穿刺・ドレナージ,心嚢穿刺,FASTなど),画像の読み方などを実技・座学で学んだのち,実際の診療を模擬シミュレータ相手に行っていく,というものです。

 

JATECの他,入職1年半で色んなコースを受講してきました。

とりあえず,受講証を引っ張り出してきて撮ってみました。


◎BLS(Basic Life Support)=一次救命処置(胸骨圧迫・AEDなど)を扱う

◎ICLS(Immediate Cardiac Life Support)=院内での心停止対応を扱う

◎ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)=心停止・不整脈・心筋梗塞・脳梗塞などの心血管疾患への対応を学ぶ

◎ISLS(Immediate Stroke Life Support)=脳卒中への対応を学ぶ

◎FCCS(Fundamental Critical Care Support)=重症患者への対応の基本を学ぶ

 

いやいや,沢山のコースを受講してきたものですな。

 

まず,これらデメリットを挙げてみると,

◎休日が少なくなる。

→休日の1or2日制コースですからね,まあ仕方がない。

◎お金がかかる。

→上記のコースを受けるだけで,当院での基本給1か月分ぐらい?

当院研修医は,ACLS・JATECのどちらかに対し,受講費が補助されます(密かに宣伝してみました)

 

ただ,それにも増して学べることはたくさんあります。

◎標準化プログラムに添ってコースが進行するので,自分の中に「芯」ができる。

◎救急研修でも遭遇する機会の少ない疾患も学べることがある。

などなど。

 

こうしたコースで学んだこと,実臨床で学んだことをうまく活かして,今後も勉強していきたいものです。
 

ページのトップへ戻る

第3回グランドカンファレンス

研修医|2016-09-23|

今日は第3回グランドカンファレンスが開催されました。

プレゼンは、1年目研修医 前澤、杉岡、西脇、2年目研修医 杉本、坂の5名でした。

【ダイハードな一例】と興味がそそられる名前の今回のグラカン。血ガスのよみから鑑別に迫る頭を使う内容でした。

救急の現場で、遭遇する意識障害の鑑別やcpaの原因検索を改めて系統学習できる良い機会となりましたね。

次回も頑張ります。



ページのトップへ戻る

第3回スキルセミナー報告!

スタッフ|2016-09-12|

先週土曜の
3rd★FUTURE SKILLFUL DOCTORS
DIAGNOSIS AND PRIMARY CARE SKILLS報告!

総合大雄会病院のみなさま大っ変お世話になりました.
ありがとうございました.

ページのトップへ戻る

地域医療研修病院説明会

スタッフ|2016-09-06|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです。

 

昨日は「地域医療研修病院説明会」を行いました。

これは三重大学で初期研修を行う際に、地域医療研修で行くことのできる県内外の協力病院の研修内容を聞く会で、

1年目の研修医は参加必須となっており、この説明会で話しを聞いて2年目で地域医療に行く病院を決めています。

もちろん、全部の協力病院が参加するわけではないのですが、実際に研修内容や現場での雰囲気を聞くことで、

自分の研修したいところを決めやすくなっていると思います。(ちなみに学生さんも参加可能でした!)

それぞれ、自分のニーズにあった研修病院を選んでいただければと思います。

 

参加病院は下記の通りでした。

・那智勝浦町立温泉病院(和歌山県東牟婁郡)

・尾鷲総合病院(三重県尾鷲市)

・高茶屋診療所(三重県津市)

・紀南病院(三重県南牟婁郡)

・静仁会静内病院(北海道日高郡)

・屋久島徳洲会病院(鹿児島県熊毛郡)

・県立一志病院(三重県津市)

・新庄徳洲会病院(山形県新庄市)

 

お越しいただきました先生方、いつも貴重なお話をありがとうございます。

また研修に伺う際は、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

ページのトップへ戻る

夏も終盤

スタッフ|2016-08-31|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです。

 

明日から9月、セミの大合唱もおとなしくなり、朝と夜には涼しい風と虫の声に秋を感じられるようになってきました。

それでもまだまだ昼間は気温が上がるので、油断はできません(`・ω・´)

特に台風が通り過ぎた後は暑くなりますので、引き続き皆さま熱中症にはお気をつけて。こまめな水分補給を忘れずに!


ただいまのお飾り^^夏真っ盛りな感じなので、そろそろ模様替えが必要ですが…

ページのトップへ戻る

第1回CPCカンファレンス

研修医|2016-08-23|

お疲れ様です。三重大学研修医1年目の前澤です。

今日は今年の第1回CPCカンファレンスでした。

研修医の皆様は研修生活で様々な患者様を経験してきたと思います。

治癒した患者様からも大変勉強させていただいたと思いますが、

治癒しなかった患者様からもたくさん学ぶこともあると思います。

今回は、治癒しなかった症例について2症例を解説していただきました。

 

1症例目は「完全房室ブロックをきたした肝細胞癌の一例」を研修医佐久間絵先生と水谷香先生、指導医消化器内科山本憲彦先生、病理指導医古橋直樹先生に解説していただきました。

 

2症例目は「心房粗動に対し、電気的除細動を施行後に脳梗塞を来した一例」を研修医小林理絵先生、指導医循環器内科大森拓先生、病理指導医湯淺博登先生に解説していただきました。

 

1症例目は心臓への転移により房室ブロックをきたしたというのが興味深かったですね。2症例目は心房粗動に対するカーディオバージョン時に心臓血栓を評価することの大切さを学ばせていただきました。

 

質疑応答も本当に盛り上がり、大変内容の濃いディスカッションでしたね。

西脇先生の司会も光っていました。

発表してくださった先生方本当にありがとうございました。


ページのトップへ戻る

視界、開ける!

スタッフ|2016-08-17|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです。

 

昨年度に完成した新外来棟の開院に伴い、旧病院の解体工事が始まっています。

当センターは外来棟の5階にあるのですが、つい先週まで窓の外に見えるのは防音壁だけでした。

それが、今週に入ってようやく、写真のように山まで見渡せるように!

 

古い病棟もあと僅かとなりました。

解体を終えて更地になった後は、新しくロータリーと駐車場として整備される予定です。

来年の夏ごろには完成するそうですので、楽しみです!


ページのトップへ戻る

平成28年オープンキャンパス報告!

スタッフ|2016-08-10|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです!

 

8月8日(月)から10日(水)の間、三重大学ではオープンキャンパスが行われております。

医学部は8月8日の1日目でした。医学部進学を目指している県内外の学生さんたちに多くご参加いただき、医学部の紹介のあと、それぞれ希望の講義に参加してもらいました。

当センターでは、毎年スキルズラボを使用した体験実習を行っており、それぞれシミュレーターを使ってバイタルサイン、内視鏡、挿管、導尿、腹腔鏡の5つの手技を体験してもらいました。

ページのトップへ戻る

第2回高大連携サマーセミナー報告★

スタッフ|2016-08-03|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです!

 

医学部・医療に興味のある高校生を対象としてセミナー、第2回目の今回はVR(バーチャルリアリティ)シミュレーションの体験です。

外科系・内科系に分けて4つずつブースがあり、簡単なシナリオに沿ってそれぞれの手技について、シミュレーターを使用して手技の体験をしてもらいました。

ちなみにブースの内容は、下記の通り↓

内科系:内視鏡・挿管・導尿・腹腔鏡

外科系:心電図・腹部エコー・心エコー・挿管

 

残念ながら、時間の関係で内科系か外科系かのどちらかしか回ってもらえなかったのですが、皆さん熱心に説明を聞いて、シミュレーターに触れてもらえました。

これらのシミュレーターは実際に、医学部の学生から研修医、指導医、また医師だけでなく看護師や検査技師の方にも使っていただいているものです。

実際の患者さん相手の現場ではありませんが、普段どのように訓練しているのかを知っていただけることができたと思います。

 

参加いただきました皆さま、お疲れ様でした!

また講師の櫻井先生、TAの医学部生の皆さま、ありがとうございました!


ページのトップへ戻る

第1回高大連携サマーセミナー報告☆

スタッフ|2016-07-27|

こんにちは、臨床研修・キャリア支援センターです!

昨日は、高大連携サマーセミナーの第1回目でした。

こちらのセミナーは、医療に興味のある、医学部への進学を考えている生徒さんを対象としたもので、

6年ほど前から現在のような、実技をメインとした形のセミナーを行っております。

1回目の今回のテーマは「BLS(一次救命処置)」です。

 

まずは、バイタルサインについて簡単にレクチャーをうけて、倒れている人を見つけた時、

どういった状態であったら危ないのか、呼吸や脈拍の正常値を教えてもらいました。

その後、実際に人形を使って”BLS”に挑戦!

 

倒れている人を見つけたらまずする事は??

意識・呼吸の確認、人を呼んでAEDやら救急車をお願いする、周囲の安全確認、呼吸がなければ胸骨圧迫に人工呼吸…etc.

倒れている人を見つけてから救急車が到着するまでにできることを、実際に体を動かしながら学びました。

AEDなどの機械類もそうですが、BLS自体に今まで触れたことがないという生徒さんがほとんどでしたが、

今回、実際に手順を教えてもらってその通りに動く、AEDを起動して操作してみる、ということができたので、

やった事がないからという苦手意識が少しでも薄れてくれたらいいなと思います^^
 

最後に、講師の櫻井先生、TAとしてお手伝いいただいた医学部の学生さんたち、お疲れ様でした!






 

ページのトップへ戻る

地域研修ならでは!

研修医|2016-07-23|

こんにちは。研修医の小林です。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
先月は地域医療研修で紀南病院で研修していました。大学病院とは違い、内科というひとくくりで各先生が専門領域以外も対応していて包括的な内科研修ができました。そして地域医療の醍醐味として、地域の診療所での往診やタウンミーティングへ の参加など初めての経験が出来ました。患者さんのお宅や地域での過ごし方にふれて、 地域の方たちどうしで支えあっている様子を垣間見ることが出来ました。自然の美しさも久しぶりに感じることができました!千枚田の田植えではアメンボやタガメを20年振りにふれて懐かしかったです。こうして年老いていく自分を存分に感じつつ、また研修に励みたいと思います!

ページのトップへ戻る

カレンダー

 2017年 10月 

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の記事

記事一覧はこちら

カテゴリー