三重大学医学部附属病院 臨床研修・キャリア支援センター

看護助手研修✌✌✌

スタッフ研修|2016-01-25|

  今年度は『災害時における看護助手の役割』について、12月10日と17日の2回に分けて、全ての看護助手さんを対象に実施しました。 まずは、以下の内容について講義を行いました。
*日頃の準備(非常口・消火器・非常階段・非常持ち出し袋・レスキューキャビネットなど)
*災害時の行動(地震・火災)避難誘導の実際
*当院の防災設備
  その後、各グループに分かれてエアーストレッチャーの使い方についてデモ&実践!実際に患者体験と搬送体験を行いました。 エアーストレッチャーは思ったより寝ごこちはそれなりに良かった(?)ですが、搬送する方はちょっと大変!いざという時安全に使うことができるようにみんなで真剣に取り組みました✌
 ☜ エアストレッチャー体験中 
  研修の締めくくりは、避難経路の確認☺です。
外の非常階段を上がって、ヘリポートに到達するルートを実際に歩いてみました。外の非常階段を上るのはドキドキ!訓練に使用した階段は地上10階から11階で、高さに加え風も結構吹いていて、足元も心もフワフワしてしまう状況でした。でも実際に歩いてみて、将来来るであろう“本番”のイメージができたと思います。
  そのときのために、職員皆で力を合わせて備えていきましょう!

☜ ヘリポートで前半グループ集合   

ページのトップへ戻る

急変です! ラボトレーニング:BLSの巻

新人研修|2015-07-24|

「急変です!E-Callお願いします!!」
今年も、救急の集合研修を受講した数週間後に、ラボでのトレーニングが始まりました。最近は、学生時代にBLSのシミュレーション学習を受けていたり、自動車学校で教えてもらっていたり、BLS学習に触れる機会があるためか、ラボトレーニングでも上達が早いような気がします。ラボでのトレーニングは、病棟での急変を設定して、新人看護師2人に対しインストラクター1人で演習します。1回でスッと覚えることができたこと、反対になかなかうまくできなかったことありましたよね。でもシミュレーションと振り返りを重ねると見る見る動きが良くなっていました。こんなに頑張ってやっても、その後やらなかったらすぐ忘れるのが人の常。しかし、今日の学びはとっても大切!いつまでも記憶にとどめてもらい、より完成度の高いものへと膨らませていってくださいね。

ページのトップへ戻る

スキルズラボトレーニング:膀胱留置カテーテルの巻

新人研修|2015-06-26|

 スキルズラボトレーニングは、4月から2ヶ月間かけて「輸液管理」「輸液ポンプ・シリンジポンプ」と「採血1」「採血2」が終了し、6月から「膀胱留置カテーテル」へと難易度をやや上げて進んでいます。
 膀胱留置カテーテル演習は、インストラクターとマンツーマンで行っています。演習中、手順はもちろん清潔操作に苦労し、インストラクターからは根拠を聞かれ、プライバシーや安全への配慮などなど、様々な「壁」があったかと思います。皆さんそれぞれ感じたこの「壁」、せっかく感じ取ったこの「壁」をそのままにせず、しっかりと切り崩し自分のものにしてください。振り返り、大事です!学生時代の復習は教科書や参考書を使うのが主流だったと思いますが、今は参考書での机上の学習の他に、臨床現場にこそ、その機会がたくさんあります。自分の課題をクリアにするために、あきらめずに少しずつでも進みましょうね。
 ラボでのシミュレーションで振り返りが必要と感じたら、またいつでも声かけてくださいね。
 

ページのトップへ戻る

新人ラボトレーニング・採血☆Ⅰの巻き

新人研修|2015-05-08|

 平成27年度も新人看護師技術トレーニングがスキルズラボで始まっています。今年も4月から8月上旬までの予定で7項目実施の予定です。
 トレーニング第2弾は、シミュレーターや新人同士、人体での採血手順をふまえて手技に慣れるための『採血パート1』トレーニングです。最近は学生時代に人体での採血は経験しない学校が多く、中にはシミュレーション実習もしない学校もあるようです。なので、ここにトレーニングに来る新人看護師の皆さんも学生時代に友人相手に経験のある人、ない人、すでに病棟で新人同士、先輩の腕を借りて・・、患者様に採血経験のある人と様々です。
スキルズラボのすべてのトレーニングは、基本原点に立ち返り、もう一度手順を確認しながらトレーニングを進めます。なので、経験の有無は関係なく、   
有り人は修正点が有るのか無いのか、有れば修正を
無の人は原理原則に基づいた手順をしっかり身につけてもらうこと を目的に進めます。   
実際の採血演習の様子ですが・・・
インストラクター1人につき新人2人ペアで、まずシミュレーターでの演習を行い、その後希望者のみペア同士で実際採血を行っていきました。ドキドキ・緊張の中、ひとつずつ着実に技術をこなしてもらっていました。ここでの経験ができるだけ早い時期に日常業務の中で活かせることを祈りつつ・・・
 
がんばれ!!!応援してるよ★
 

ページのトップへ戻る

インターンシップ・2015★May

イベント|2015-05-07|

 新人看護師の皆さんを迎えてもう1ヶ月が経とうとしています。当院では毎年恒例5月のインターンシップが、ゴールデンウイーク中、4日間にわたり開催され、今回は延べ21人の看護学生さんに参加していただきました。
 それぞれ希望の部署で、看護師長から各部署の看護の特徴や新人教育についての説明を聞いたり、シャドーイング研修的にスタッフの後について看護の実際を見ていただいたりしました。毎回すごいなと思うことは、すべての方が自分のここぞと思う視点でいろいろなことを吸収されていることです。毎日の振り返りの会での意見交換は、参加していただいた看護学生の皆さんにとってとても有意義な時間だったと思います。また私たちにとっても新鮮な意見や、当院の看護師たちにも伝えていこうと思うような嬉しい意見を聞かせてもらえたりと、とても勉強になる時間をいただきました。当院での経験が今後の進路を決定していく上で参考になれば嬉しいです。
 
 いろいろじっくり考えて・・・私たちは、一緒に働ける日を心からお待ちしております☆
次回は夏に開催されますので、興味のある方は是非参加してください。詳細はホームページでご確認くださいね。
 
 

ページのトップへ戻る

平成27年度 新規採用者受け入れ式 

新人研修|2015-04-01|

 平成27年4月1日新規採用者受け入れ式が行われ、本年度は53人の新人看護師の皆さんが私たちの仲間となり、みんな神妙な、緊張した面持ちで式に臨んでいました。インターンシップや病院実習などでお顔を見せていただいたことのある方も多く、とてもうれしく思います。
大変な緊張の中、看護部長からこの病院の基本理念、看護部の理念などの話がありました。私たちが目指す看護の基盤となるもので、これらのことは職員手帳やホームページにも掲載されています。いつも心に留めながら看護していてほしいと願っています。
 また、緊張が少しだけ和らいだ午後からは、一人ずつ簡単な自己紹介をしていただきました。今年の新人看護師の皆さんも例年通り、聞いていて飽きない興味深いエピソードを交えた内容でした。大丈夫!これならすぐ馴染んでいけそうです。
少しでも早くこの病院に、また今の環境に慣れるよう、職員全体でサポートしていきます。
一緒に歩んでいきましょうね☆

ページのトップへ戻る

ブランク乗り越え・・・潜在看護職復職支援研修会

イベント|2014-12-09|

 冬も迫る11月中旬、毎年恒例になっている三重県看護協会依頼の復職支援看護研修会の実習を実施しました。本年度は2名の参加で長期のブランクのある方々でしたが、看護に対する感覚や姿勢にはブランクは感じませんでした。 病棟での研修とスキルズラボでの技術演習を受けていただきました。スキルズラボでは2日間にわたりインストラクター1人に2名で、採血・膀胱留置カテーテル挿入・輸液ポンプ操作・BLSについて実習をしていただきました。 お二人とも復帰意欲が強く、積極的に研修を受けていただいていました。 この時間がこれからの人生設計のお役に立てることを祈っています。 当院への復職を職員一同お待ちしております★

ページのトップへ戻る

 ~看護助手研修~

スタッフ研修|2014-12-09|

 大学病院には、たくさんの患者さんに入院または外来通院していただいております。 そして患者さんの安全・安楽を一番に様々な職種のスタッフが勤務しています。いつも患者さまのそばに寄り添い活躍されているのが、看護師の大切なパートナーである看護助手さんです。当院には約56名の看護助手さんが勤務されており、定期的に院内で開催される患者さん支援のための講義や技術演習を受けておられます。  今年度はベッド臥床から車いすへの移乗介助でした。看護助手さん3人とインストラクター1人で1グループになり演習しました。 普段の介助方法と比べてどうでしたか。患者体験をしてみて気づいたことありましたか。 他の看護助手の介助方法や声かけの実際をみたり、自ら患者体験をすることで、基本的な介助方法について改めて振り返る機会になったと思います。  看護助手さんからも「普段は力任せに患者さんを持ち上げていたが、今回の研修で患者さんにも自分にも負担の少ない移乗介助の方法を再確認できた。」という意見が出ていました。 今回の手法は慣れるまでは少し時間がかかるかも知れませんが、今までの豊富な経験知ですぐに習得できると思います。是非、勤務で取り入れてください。

ページのトップへ戻る

第2回交流会

新人研修|2014-10-09|

 暑かった夏も終わり、すがすがしい風が感じられるようになった9月25日、第2回交流会が開催されました。いつものように、同期の仲間とグループに分かれ、少しですがお菓子やジュースで小腹を満たしながら、心ほぐしゲームとワークをしました。
今回のテーマは、『うれしかったこと、つらかったこと』でした。みんなそれぞれの思いがありました。仲間に聞いてもらってスッキリしましたか?仲間の意見を聞いて、いろいろ感じることができましたか?安心できたこと、また自分とは違う意見にえっと思うこともあったかも・・・。いろいろ感じ、考えることで、しんどいけどがんばっていこうという原動力になればいいなと思い、いつも陰ながら応援しています。
 最後は各グループでポスターにまとめて発表してもらいました。みんな、きれいに見やすくまた、楽しくまとめてありましたね。参加してくれた新人ナースの意外な特技にもびっくり。みんな、みんな、ほんとによくがんばってくれています。


ページのトップへ戻る

インターンシップ・2014★夏

新人研修|2014-09-12|

 今年の夏も大変な猛暑となっていますが、当院では毎年恒例、夏のインターンシップが7月、8月の4日間にわたり開催されました。今回もたくさんの看護学生さんに参加していただきました。それぞれ希望の部署で、看護師長から各部署の看護の特徴や新人教育についての説明を聞いたり、シャドーイング研修的にスタッフの後について看護の実際を見ていただいたりしました。この病院に初めてこられた方もたくさんみえ緊張した面持ちでしたが、すべての方が自分のここぞと思う視点でいろいろなことを吸収されていました。毎日の振り返りの会での意見交換はとても有意義な時間だったと思います。  
 今後の進路を決定する参考になればいいなと思います。  
 いろいろじっくり考えて・・・私たちは、一緒に働ける日を心からお待ちしております☆

ページのトップへ戻る

~移乗トレーニング~

新人研修|2014-09-12|

 ベッドに休まれている患者さんに車椅子へ移っていただくとき、どのような点に注意すれば良いのでしょう。今回のトレーニングは、患者さんの安全・安楽・自立を考えた上で、自分たちの体の負担もできるだけ少なく援助できるようなスキルを学ぶトレーニングです。  キーワードは、(支持)基底面、重心移動でしたね。1チーム2人組になって実施していく間、インストラクターから何度も何度も聞いた言葉だったと思います。  実際に患者さん体験もしてもらいましたが、いかがでしたか。患者さんにとって最良の安全・安楽・自立を考えた援助を行うと、自分たちの体にも心にも優しいこと・・感じていただけたと思います。車椅子への移乗援助・・実はとても奥が深いんですよね★

ページのトップへ戻る

BLS ラボ編★

新人研修|2014-09-12|

  7月にはいり、BLSの全体集合研修から1ヶ月後ラボでのBLSトレーニングが行われました。
 新人看護師2人にインストラクター1人のチームで、シミュレーショントレーニングを行いました。集合研修での知識、学生時代の知識などを総動員させてがんばって取り組んでもらいました。1回目は忘れているところもあったけど、振り返りの後2回目からは基本を踏まえたよい実践が行えるようになりました。  
 でもでも悲しいことに、がんばって覚えたことであっても使わないでいると忘れていってしまいます。定期的にイメージトレーニングをしたりして、このまま自分の知識・体験として定着しますように・・・
忘れかけたら、またラボに来てシミュレーショントレーニングしてもらうこともできますよ。声かけてくださいね。

ページのトップへ戻る

~膀胱留置カテーテルの巻~

新人研修|2014-09-12|

6月に入り「膀胱留置カテーテル挿入」の技術トレーニングへと進みました。  当院では、昨年からより感染予防効果の高い滅菌手袋を使用しての手技に 変わりつつあります。新人看護師にもその方法をマンツーマン指導しています。「膀胱留置カテーテル挿入」は清潔操作など難度の高い技術なので新人たちも苦戦していました。 「あっ・・これって、不潔にしてしまっていますよね・・・」とか 「プライバシーを保護して・・・」手技に集中するがあまり声かけが少なくなってしまったり、などなど。難しいですよね。 でも前向きに取り組めば必ずできるようになります。あせらず、ひとつひとつ確実に・・。

ページのトップへ戻る

~輸液パート2・採血パート2~

新人研修|2014-09-11|

 5月は4月に行った輸液パート1・採血パート1からのステップアップ編でした。  
 輸液パート2はME機器(シリンジポンプや輸液ポンプ)を取り入れた輸液管理で、新人看護師2人につきインストラクター1人のチームでシミュレーション的に演習を進めていきます。すでに病棟で取り扱ったことのある新人もいますが、もう一度基礎的なところから学んでもらっています。  
 採血パート2は、翼状針を使ったり血管の見えにくいシミュレーターを使って採血演習したりと、難易度が少しあがります。採血は特に緊張しますよね・・・患者さんの気持ちもよくわかるし、痛い処置だし、もたもたしてはいけないし・・・。プレッシャーかかりますよね。でも、今はひとつひとつゆっくり覚えこんでいきましょう、安全・安楽を常に考えながら。必ずできるようになるよ、大丈夫☆

ページのトップへ戻る

集合研修 『感染管理』!!

新人研修|2014-05-09|

先日、感染管理の集合研修がありました。
まず、効果的な手洗いについて講義、演習を受けました。特殊蛍光塗料を汚れとみなして自分たちの手につけた後、実際に洗浄フォームで念入りに?手洗いしましたね。その後グリッターバグを使って、自分たちの目でどのくらい洗い残しがあるかを見てもらいました。自分の手洗いの改善点見つけられましたか?
また、実際に滅菌手袋や滅菌ガウンを着用したり、滅菌セッシを取り出したり・・・
また、普段病棟で着用している未滅菌手袋やエプロン、マスクの着脱にも輸液管理と同じように、根拠に基づいた手順と方法の演習がありましたね。
 「感染管理の知識と技術」、患者さんを守るため、自分自身を守るためにしっかり身に着けていきましょう。

ページのトップへ戻る

☆新人スキルズラボトレーニング スタート☆

新人研修|2014-05-09|

本年度も始まりました、新人スキルズラボトレーニング!
昨年同様「輸液管理」からでした。『自分たちで注射指示書どおりに薬剤を調合し、その輸液を点滴ルートから投与し輸液速度を手合わせする』というメニューです。文章にすると簡単ですが、これを確実に実施するには、たくさんの重要な手順を踏む必要がありましたね。
 目をキュッとよせて注射針の先端を見つめたり、プルプル手を震わせながらみんながんばってトレーニングしていました。難しいところは?と聞くと、「アンプル内の薬液を注射器で吸い上げること」とか、「輸液速度を手合わせすること」などが聞かれました。
 指示通りの薬剤が、患者さんに、確実・安全に投与することができるよう練習を積んでいきましょうね。自信がなければまた来てくださいね!!

 

ページのトップへ戻る

新規採用者受け入れ式 ~ようこそあたらしい仲間たち~

新人研修|2014-05-09|

平成26年4月1日、新規採用者受け入れ式が行われました。本年度、看護部の新規採用者は68人。みんな神妙な、緊張した面持ちで式に臨んでいました。看護部長をはじめ、各専門分野の上に立つ方々の話も、たくさん聞いてもらったと思います。 病院の基本理念、看護部の理念などなど、奥が深く難しいけれどもとても大切な話ばかりでしたね。これらのことは職員手帳やホームページにも掲載されています。
少しでも早くこの病院に、また今の環境に慣れるよう、職員全体でサポートしていきますので、一緒に歩んでいきましょうね☆


ページのトップへ戻る

平成25年度インターンシップ☆春

イベント|2014-03-31|

 大学構内の桜のつぼみもプックリ膨らみ、今日にでも開花宣言されそうな温かな日が続いています。まだやや肌寒かった先日、3月11日~17日に春のインターンシップを開催し、27名(述べ36名)の方が県内外の看護師養成施設から参加されました。
希望の病棟で、師長から各科の特徴などの説明を聞いていただいたり、実際に看護師と行動を共にしてもらって仕事を見てもらいました。当大学病院では、パートナーシップナーシングを取り入れつつあり、すでに実施・実践している病棟があります。参加していただいた方の中には、パートナーシップナーシングについて、『二人で協力し合ってラウンドするところを見て、すぐ相談できるところが働きやすそうだと思った』
また『様々な病期の患者さんに接する看護師を見て自分の目指す看護について深めたいと思った』などとても嬉しい意見をいただきました。
また、就職後の教育体制や教育計画などについても気になる点だと思いますが、それらについても『教育制度について詳しく教えていただき、自分の力を伸ばすことができると思った』、『新人が聞きやすい雰囲気を周りがつくっていてサポートが受けやすい環境だと思った』という意見を頂き私たちの士気も高まる思いでした。みなさん、とても前向きな姿勢とすばらしい感性を持っておられる方ばかりでした。数年後に共に働けることを願っております
次回は、5月上旬に開催されます。ご希望の方は、看護部ホームページから申し込みください。

ページのトップへ戻る

交流会♪

新人研修|2014-03-28|

 3月4日、卒後1年目の看護師の本年度最終の集合研修である交流会がありました。思えば、約1年前、そわそわ・ドキドキ緊張した表情で入職式にのぞまれたみなさんもこんなに、はつらつとしたやさしい表情の立派な看護師に成長されました。
4月に、自分あてに書いた手紙をお渡しし、目を通して頂きましたがどんな感情を持たれたでしょうか?
今後にむけての自己目標や課題を、フリップに書いて発表もしていただきましたが、それぞれが、とてもぴったりあった言葉で自分の大切にしている看護や向かうべき看護を表現していて、見ている私たちも大きくなったなあ・・・と目がジワーッとなりました。
4月からは後輩が入ってきます。この一年の経験を踏まえ、指導できることまたフォローできることなどあると思います。温かくむかえてあげてくださいね。
これからもずっと応援していますよ♪

ページのトップへ戻る

シナリオシミュレーショントレーニングって?

新人研修|2014-03-10|

主に卒後1年目の看護師を対象とした、シナリオシミュレーショントレーニングをこの病院で始めて2年目になります。このシナリオは、シミュレーターを使った高度な技術のトレーニングではありません。看護師なら経験関係なく誰にでもできることだけど心していないと見逃すであろう、目の前の環境や目の前にいる患者さんへの配慮や気遣いという場面を設定し、自分たちの行った援助を振り返ることで色々な事に自分たちで気づいてもらうトレーニングです。
患者さん役、進行係(ファシリテ-ター)、ビデオ撮影係はラボのインストラクターで、研修生は3人から4人。研修生もビデオに撮られるし、初めてのことで若干緊張もありますが、私たちインストラクターも役作りや機械操作の練習などいつものトレーニングとは違う緊張感があります。
「このゴミは捨てさせていただいていいですか?」
「この体勢でお食事できますかねえ?」 などなど優しい看護師さんがたくさんいました。大変嬉しいことです。
もっともっと磨いていきましょう、技術だけではなく、配慮・気遣いのできる心♥を

ページのトップへ戻る

静脈注射認定試験(*^_^*)

新人研修|2014-01-27|


ラボでは、今の時期は主に静脈注射のトレーニング&認定試験を行っています。
講義やE-ラーニング・自己学習の後、実際に静脈留置針の挿入練習を行います。
E-ラーニングや先輩ナースが行うのを見たことがあっても、実際にサーフロー針を扱うと、思うようにいかないことも多いようです。
技術だけではなくて、同時に安全・感染面で留意しなければならない点も認定試験時にはしっかり確認します。
「アルコールにかぶれたことはありませんか?」
「痛みやしびれはないですか?」
一連の流れの中で患者さんへの確認や声掛けも大事ですね。
病棟で実際に静脈注射を行ってよいかどうかの最終チェックを、ラボで認定指導者が行っています(=^・^=)

ページのトップへ戻る

オープンスキルズラボ開催中です(*^_^*)

新人研修|2013-11-18|

  10/1~10/11は、フィジコを用いて12誘導の描写や肺音聴取等の基本的な技術を再確認するフィジコ週間で、利用者は15名でした。12誘導の電極の位置を何度か繰り返し装着することで、正しい位置につけることができるようになり、自信がついたようでした。また肺音聴取は、正常肺音と異常肺音の種類を再確認する機会になったようです。
 10/15~10/25は、BLS・挿管介助のトレーニング週間で、利用者は12名でした。写真のように、実際に挿管を体験することもでき、利用者から「カフ圧計は初めて触った」「喉頭鏡はこうして渡す方がDrが操作しやすいなあ」等、介助のポイントに新たに気付けた言葉が聞かれていました。 
 10/28~11/8は、CVC挿入介助のトレーニング週間です。ホワイトボードに明示した手順や必要物品を確認したり、DVDで挿入の流れを視聴することもできます。またガウンの着用介助は実際に体験できます。
 今年度から看護師の技術トレーニングの場として、オープンラボの企画をしました。できるだけ多くの方に活用していただきたいと思っています。

ページのトップへ戻る

第3回交流会♪

新人研修|2013-09-20|

 9月6日、第3回新人看護師の交流会が行われました^-^
同期みんなで集まるのは久しぶりでしたね!それぞれ、近況を話しながら・・・・
まずは、アイスブレーキング! 「人間知恵の輪」をグループごとにみんなでワイワイと。からまった手がうまくほどけていったときには、歓声があがっていました♪
 その後、「うれしかったこと」「つらかったこと」「これからどうしていきたいか」についてグループごとに話しあいました。
『患者さんに名前をフルネームで覚えてもらっていて嬉しかった』
『わたしもわたしも^0^』
『2年生の先輩みたいになれるか不安・・・』
『もっと、患者さんや先輩に認めてもらえるようにがんばりたい』
落ち込むこともあるけれども、自分だけじゃないんだと改めて気づいたり、気持ちを共感しあえる時間になったのではないかと思います。
 就職して半年が経ちます。長かったような短かったような・・・
みんなが成長していく姿をこれからも見守らせてくださいね^-^v


ページのトップへ戻る

ベッドから車いすへ・・安全に安楽に移動するために^-^

新人研修|2013-08-23|

 7月18日からリハビリ(移乗・移動介助)のトレーニングが始まりました。
5月に集合研修で、理学療法士さんからの講義をうけていたので、その実践編です。
二人一組となり、患者役と看護師役を交代して経験し気づいたことや感じたことを意見交換しました。そして、それをもとにどう工夫すればいいかを考え、また実践!
仕事にもそろそろ慣れてきたところ・・・基本にもどっての技術演習です!!
「移動のコツがつかめた」「患者さんの気持ちがわかってよかった」
「患者さんにとって安全な移動介助をすることが、自分の体にとっても負担が少ないということがわかった」
いろんな気づきがありましたね!!
ボディメカニクスについて考え、患者・看護師の重心の移動や支持基底面を 少し意識するだけで、安全で安楽な援助が行えましたね。病棟での実践にぜひ、つなげていってくださいね^0^
 

ページのトップへ戻る

夏のインターンシップ♪

イベント|2013-08-20|

 7/22~25、8/5~9、夏のインターンシップを行いました。
たくさんの看護師養成施設から来ていただき、合計32名のべ48名の参加となりました。
それぞれ、希望された部署で実際に働く看護師の姿を間近に見たり聞いたり感じたり・・・・・行動を共にすることでたくさんの気づきや刺激をうけた様子でした。実習や病院説明会では聞けなかったことや知りたいことなども、聞いたりできましたね。
最後の情報交換会では、「新人看護師さんが患者さんと接する姿をみて、1年後に自分もああなれたらいいなあと思った」「教育体制がしっかりしているのをみて安心した」「働きたい部署がひとつに決められず迷っている」など嬉しい意見をたくさん頂きました。
みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしていますよ~☆☆☆
夏休みの貴重な時間の中、おつかれさまでした!!(^_^)v
次回は、春にインターンシップを開催します。ぜひ,平成27年に卒業予定のみなさんおこし下さいね♪
    

ページのトップへ戻る

続:意識がありません!!!~ラボトレ編~

新人研修|2013-07-18|

  6月13日、20日と安全管理・BLS研修から早1ヶ月弱。7月1日からスキルズラボでのBLSトレーニングが始まり、早くも今日が最終日になりました。スキルズラボでは、新人2名につきインストラクター1名の体勢でBLSトレーニングを行っています。
 前回の研修内容を少し忘れてしまっている新人も、少し振り返りの時間を持ってもう1度トライすると格段に良く動けるようになります。普段は緊急事態に遭遇することは少ないことだと思いますが、もし目の前の患者さんが緊急事態に陥った時は、6月の集合研修やラボで学んだことが患者さんに活かすことができるよう、何度もイメージトレーニングしてくださいね。
さて、トレーニングの様子ですが・・・
意識、呼吸、循環状態の確認、気道確保、心臓マッサージ、AED・・・・
盛りだくさんでしたが、
「○○さん、大丈夫ですか?
意識がありません。Eコール、Drコールお願いします!!
呼吸も脈もありません。心臓マッサージ開始します。1、2、3、・・・・」
「AEDもってきました、装着します」
「心臓マッサージ、次交代します!」
と、大きな声を出して、救命してくれました。
模擬患者さん、お疲れさまでした。(^^)

ページのトップへ戻る

意識がありません!!!

新人研修|2013-06-28|

6月13日・20日と安全管理・BLS研修が行われました。
今年は人数が多く2日にわけて、半日かけての研修でした。
集中ケア認定看護師さんの説明を聞き、デモンストレーションを見て、実際に自分たちもシミュレーターを用いて実践しました。
意識、呼吸、循環状態の確認、気道確保、心臓マッサージ、AED・・・・・・重要な内容ばかりでしたね。
 「○○さん、大丈夫ですか?意識がありません。呼吸も脈もありません。
  心臓マッサージ開始します。1.2、3、・・・・・」
 「AEDもってきました、装着します」
 「心臓マッサージ、次交代します!!」
などなど、知識と体力を総動員させてがんばりましたね!

7月1日からは、スキルズラボで個別研修が始まります。
集合研修で学んだことを復習しておいてくださいね!!
暑い時期ですががんばりましょう~ (^O^)/

 

ページのトップへ戻る

膀胱留置カテーテル

新人研修|2013-06-17|

6月3日から、膀胱留置カテーテルのトレーニングが始まりました。
今年度から、滅菌手袋を使用して研修を行っています。輸液・採血のトレーニングと比べると、技術の難易度が高いのでちょっと大変ですね。
「今、清潔な区域はどこですか?」
「尿道は何cmでしたか?」
「固定はどのようにしますか?」
インストラクターの質問に皆さん、しっかりと答えが返ってきます。
 
羞恥心を伴う処置なので、技術をしっかり身につけて、患者さんに負担がかからないようにしたいですね。
病棟によっては、経験する機会も少ないので、研修で気づいたことを後から振り返ってイメージトレーニングをしておくことが大事です。
この研修の時間だけでは、自信が持てなった方…また後日ラボを活用して技術を磨いてくださいね。
お待ちしています(=^・^=) 

 

ページのトップへ戻る

採血の『カギ』は血管探しから・・・

新人研修|2013-05-30|

今月の技術研修は、『採血パート・2』です。 先月の『パート・1』に続いて上級編です。みんなそれぞれに、自分の課題をあげて練習しました。
見えにくい血管からの採血の練習は、血管が見えにくい人形で、血管を探して・・探して・・・・^-^;
同期の手も借りて、練習・・練習・・・・^0^
「目だけでなく、指で血管の弾力や走行を確認するのが大切だとわかりました!」
「声をかけてもらうことで安心できた。患者さんの気持ちを考えていきたいと思った。」
「不安だった手技に自信がもてました」
それぞれに、いろんな気づきがありましたね。
今の自分の状況をふまえた上で次の課題へとつなげることができていたと思います。この調子でがんばっていってくださいね!
ラボでは、いつもみなさんを応援しています!!☆☆☆ 
 

ページのトップへ戻る

第2回交流会

新人研修|2013-05-23|

5月23日、第2回交流会が行われました。日常の忙しさに自分を見失いそうになるこの時期、気持ちを癒す事をテーマにゲーム、ワーク、デイスカッション等を中心とした時間を新人75人全員で過ごしました。短い時間では有りましたが、ちょっとした発想の転換から、心を少しでも ほわっと温かく、心地よくなる、楽になるそのコツをつかんでいただけましたか。ゲームもデイスカッションも、とても盛り上がりましたね!(^^)! みんな日常業務同様、真剣に張り切って取り組んでいましたね☆☆☆ みんなの心 ちょっとでも癒すことができましたか・・・


  

ページのトップへ戻る

カレンダー

 2017年 10月 

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の記事

記事一覧はこちら

カテゴリー