三重大学医学部附属病院 臨床研修・キャリア支援センター

看護助手研修✌✌✌

スタッフ研修|2016-01-25|

  今年度は『災害時における看護助手の役割』について、12月10日と17日の2回に分けて、全ての看護助手さんを対象に実施しました。 まずは、以下の内容について講義を行いました。
*日頃の準備(非常口・消火器・非常階段・非常持ち出し袋・レスキューキャビネットなど)
*災害時の行動(地震・火災)避難誘導の実際
*当院の防災設備
  その後、各グループに分かれてエアーストレッチャーの使い方についてデモ&実践!実際に患者体験と搬送体験を行いました。 エアーストレッチャーは思ったより寝ごこちはそれなりに良かった(?)ですが、搬送する方はちょっと大変!いざという時安全に使うことができるようにみんなで真剣に取り組みました✌
 ☜ エアストレッチャー体験中 
  研修の締めくくりは、避難経路の確認☺です。
外の非常階段を上がって、ヘリポートに到達するルートを実際に歩いてみました。外の非常階段を上るのはドキドキ!訓練に使用した階段は地上10階から11階で、高さに加え風も結構吹いていて、足元も心もフワフワしてしまう状況でした。でも実際に歩いてみて、将来来るであろう“本番”のイメージができたと思います。
  そのときのために、職員皆で力を合わせて備えていきましょう!

☜ ヘリポートで前半グループ集合   

ページのトップへ戻る

 ~看護助手研修~

スタッフ研修|2014-12-09|

 大学病院には、たくさんの患者さんに入院または外来通院していただいております。 そして患者さんの安全・安楽を一番に様々な職種のスタッフが勤務しています。いつも患者さまのそばに寄り添い活躍されているのが、看護師の大切なパートナーである看護助手さんです。当院には約56名の看護助手さんが勤務されており、定期的に院内で開催される患者さん支援のための講義や技術演習を受けておられます。  今年度はベッド臥床から車いすへの移乗介助でした。看護助手さん3人とインストラクター1人で1グループになり演習しました。 普段の介助方法と比べてどうでしたか。患者体験をしてみて気づいたことありましたか。 他の看護助手の介助方法や声かけの実際をみたり、自ら患者体験をすることで、基本的な介助方法について改めて振り返る機会になったと思います。  看護助手さんからも「普段は力任せに患者さんを持ち上げていたが、今回の研修で患者さんにも自分にも負担の少ない移乗介助の方法を再確認できた。」という意見が出ていました。 今回の手法は慣れるまでは少し時間がかかるかも知れませんが、今までの豊富な経験知ですぐに習得できると思います。是非、勤務で取り入れてください。

ページのトップへ戻る

看護助手研修パート②

スタッフ研修|2012-12-21|

基本的技術の研修…第2弾は車椅子移動の介助です♪
実際に、それぞれが介助者役・患者様役となり、ベッドから車椅子への移乗、坂道における車椅子移動を経験しました。
介助される側を体験することで、新たに、どのような配慮が必要かなどを知ることができ、意見交換もできたのではないかと思います。
患者さんの立場になってはじめてきづくこともあるかと思います。
『坂道は思っている以上に患者さんにとって恐いものだとわかった』
『次からはこうしよう!という技術のコツがわかってよかった』
といった言葉もありました!
みなさんのパワーで日々の看護は支えられている事を改めて感じた時間でした。

 



     

ページのトップへ戻る

看護助手研修

スタッフ研修|2012-12-17|

基本的技術の研修…今年度はポータブルトイレの排泄介助です☆彡 
全員が、患者様役と介助者役を経験し、いろいろ気づいたことや感じたことについて意見交換しました。
ただ介助するだけではなく、安全に留意して見守ることや、気兼ねなく依頼してもらえるような配慮・声掛け、また感染予防の面からどのような注意が必要か・・・などなど。
経験豊富な参加者からは、介助のコツや自分が心掛けている事について活発に意見が出されました。参加者同士の交流を図る機会にもなりました(*^_^*) 

ページのトップへ戻る

CVC挿入介助トレーニング

スタッフ研修|2012-11-22|

11月のスキルズラボでの研修内容は、CVC挿入介助です。
今日の研修は、勤務時間外の利用でした。
実際に病棟ではあまり手に取ることのできないCVCキットを数種類展示し、術者、介助者と役割分担をして、滅菌ガウンの着方や物品の渡し方なども含めて、CVC挿入の手順に沿って演習を行いました。
準備物品が覚えられないと言っていた参加者も、手順を追っていけば、おのずと必要なものがわかるようになった!と言っていました。
こういう研修の場を活かして、どんどんスキルアップをしてもらえたらな~と思います♪ 


 

ページのトップへ戻る

指導者もリラックス

スタッフ研修|2012-08-06|

新人をむかえて4カ月がたちました。
これまで新人のみなさんががんばってこられたのも、
指導者のみなさんの支えがあってこそです。
今回は、指導者のみなさん自身がケアされることを目的に
タッピングタッチ協会代表の中川一郎先生をお招きし、
タッピングタッチを用いたリラクゼーションを体験しました。
 「眠くなる」「とてもいいね」
部署でどのように活かせるかを考えた方もみえました。
看護を行うために、私たちの心身が健やかであることは大事なことです。
多忙を極める毎日、みなさん自身のケアも忘れないでくださいね。
今日の体験が、そのヒントになればと思います。 

ページのトップへ戻る

ていねいに看護過程

スタッフ研修|2012-06-22|


ラダーレベルⅡ看護過程の研修を行いました
日々、看護過程の展開をしていますね。
しかし、業務に追われ、データーベースの必要項目を電子カルテに入力する“作業”になっていませんか?
今回の研修は、
模擬事例を使い、丁寧に情報を整理しアセスメントする
全体像をとらえて適切な看護診断を導く研修でした。
もう一度原点にもどり、メンバーとともにしっかり考える機会を持ちました。
みなさん、とても熱心にディスカッションに参加してみえました。多くの気づきができたのはないでしょうか。 

ページのトップへ戻る

師長、副師長も研修。

スタッフ研修|2012-03-09|

 3月9日、師長・副師長研修を行いました。 
 名鉄病院副看護部長の野中先生をお招きし、「SWOT分析の手法を学び目標管理にいかす」をテーマに講義をしていただきました。3時間の講義でしたが、本当にあっという間でパワーを頂いた講義でした。私たちの強みをいかして、次年度もがんばりたいですね。 
 

ページのトップへ戻る

カレンダー

 2017年 10月 

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の記事

記事一覧はこちら

カテゴリー